『日本語教育連絡会議論文集Vol32』
  • 表紙
  •  
  • ご挨拶(マダドナーめぐみ)
  •  
  • 目次
  • 会議日程
  • i
  • 参加者名簿
  • ii
  • ゴンザの『新スラヴ・日本語辞典』にあらわれる『вн?』(vne)という訳語について(いぬかい いて)
  • 1
  • EU統合と日本語教育今何をなすべきか(蓮沼 啓介)
  • 10
  • ICTを利用した読解授業について(李 在鎬)
  • 15
  • ウィーンの日本研究・日本語教育に携わった人々 ―戦間期を中心に―(小川 誉子美 ・重盛 千香子)
  • 23
  • 評論的な随筆の読解 ―中国語を母語とする日本語学習者と日本語母語話者の批判的な読みに関する質問紙調査―(砂川 有里子・朱 桂栄)
  • 29
  • 「くよくよしたってしょうがないよ」―評価表現を伴う「テモ/タッテ」構文の意味と機能―(蓮沼 昭子)
  • 44
  • 「発音と話し方」デジタルポートフォリオの紹介 ―ベルギーのオランダ語圏の大学での実践報告―(小熊 利江)
  • 62
  • 常用漢字の字音を音符で見分ける ―長さの違いはどこから来たか―(黒沢 晶子)
  • 68
  • 可能文に関する一考察 ―用例分析を通して―(村田 恵美)
  • 83
  • 日本語学習者のカタカナ語と類義語との使い分け ―産出文と自由記述の分析から ―ロシア人大学生による日本語の発音習得過程―(山下 直子・畑 ゆかり)
  • 90
  • 海外における日本語教育の現状および教材の調査 ―初級・初中級編―(ヨフコバ四位 エレオノラ・稲葉 和栄・久保田 美子)
  • 100
  • スポーツ言語学は日本語、日本語教育を救えるか(清水 泰生)
  • 115
  • 教科書索引を用いた科学用語分析 ―高校の数学・理科・情報―(坂谷内 勝)
  • 126
  • 学習者の「活動」の使い方について(加藤 恵梨)
  • 132
  • 学習者コーパスから見る名詞と形容動詞のゆれ(若井 誠二)
  • 142
  • 多読活動における読書コミュニティの出現 ―授業外多読の実践を通じて―(高木伽 耶子)
  • 148
  • スロベニアの日本語教育(重盛 千香子)
  • 154
  • 社団法人 独日協会フォーダープファルツ
  • 159
  • 市民大学 ラインラント=プファルツ州 シュパイアー支部
  • 160
  • ヴィータウタス・マグヌス大学
  • 161
  • カーロリ・ガーシュパール・カルビン派大学日本学科
  • 162
  • 奥付